「speech is silver, silence is golden.」

イギリスの思想家トーマス・カーライルによって広められた言葉。

もともとはカーライルがスイスで見たドイツ語の碑文であったらしい。

意味は、饒舌に喋り言葉で人々に影響を与える事は価値のある事だが、言葉にせず黙っておくべき時に黙る事の方がより大事であるという事。

日本の言葉に、「口は禍の元」「言わぬが花」というものもある。

言語という意思を伝えるツール。相手に自分の考えてる事を伝える一番わかりやすいとされている方法。しかし、その言葉によって誤解や勘違いを生み、問題や事件を引き起こしてしまう時がある。

何事もそうだが、すべての真意を伝えるというのは不可能であると思う。

本当に思っている事を伝えるには、言葉も大事だがそれ以上に態度や雰囲気という部分の方が大事。という事を一言に言う言葉では無いかと思う。

「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるように、口以外にも相手に意思を伝えるものがある。しかし、言葉という共通理解するためのツールが世界中で広がった現代。その言葉に頼りすぎてるきがする。

本当に心が通じ合い、相手の考えや気持ちを理解したと思える時は言葉は不要であるように思う。

損や得という意味で口数を少なくしろ、という意味で沈黙は金と言った部分もあると思う。

最近思うのは損や得を通り越して、言葉でない意思の疎通のスキルや能力を上げる時代に来ているのではないかと思う。

グローバルな時代になり、言葉の通じ無い国に行く事が普通となった。トラブルはありながらもなんとか目的を遂げたり、無事に帰ってきたりしている。本当に大事な事が言葉では無いという事の象徴では無いかと思う。

冒険家、植村直己は様々な偉業を成し遂げた。世界5大大陸それぞれの最高峰の山頂到達。犬ぞりでの単独北極点到達。アマゾン川を筏で渡りきるなど世界中のさまざまな人からその偉業をたたえられている。

北極点の犬ぞり到達のためには、犬ぞりの技術をアイヌの人々に教えてもらわなければならない。他の民族と交流の盛んではないアイヌの人々。その人々とのコミュニケーションは大部分が言葉では無かった。

大切なのは本気で挑戦し、諦めない事。そして人に優しく他人を思いやる事。という植村の考え方。マッキンリーの冬期登頂に成功した後、下山途中に音信不通となった。植村を直接知る人たちはその偉業を讃えるよりも、その人柄を惜しむ。あんなにいいやつは他にいない。と。

好きなアーティスト Jimmy Cliff のこの歌を紹介して終わる。
「Action speaks louder than words」

何を言うかも大事やけど、それよりも大事なのは何をしているか。