波動の研究をしている一般企業もある。その代表的なのがめいらくグループ。有名な商品がスジャータと呼ばれるコーヒーフレッシュ。

f0168873_23211662

もともとめいらくとは名古屋製酪株式会社の名と酪からめいらくと取られてる。スジャータの由来は仏教の話に出てくるスジャータ。お釈迦様は悟りを開く前はシッダールタという名前の修行僧だった。5年にも及ぶ苦行でやせ細り衰弱していたシッダールタはこの苦行では悟りを開けないと苦行を辞める。そして死にそうになりながらたどり着いた町の長の娘スジャータに乳粥(ヨーグルト?)を食べさせてもらった。その仏教の経典に出てくる女性スジャータの名前が由来とされてる。

 仏教の由来があるように会社としても仏教系と言われてる。というより天理教の会社とまで言われている。日比孝吉社長は天理教の信仰者であると公言している。会社としても研修として社員に天理教の修養科に入らせるということをしている。もちろん信仰の自由などから非難の声や偏見もある。内情はわからないが、かなり天理教寄りの会社になっていると思う。それがどうした。ていう話しやけどこれが波動にもつながってくる。天理教は天の理を追求する教え。その天の理を追求していくとこの波動がひとつのポイントになってくる。そこで体にいい物、いい影響を与えるものを考えていくと波動の高いものなる。そこから波動測定器の発送になるのもわかる。

 何の波動の研究をしてるかというと、波動測定器というものがある。値段的には安くもないこの装置を企業として大掛かりに導入してる。何百万、何千万とする装置をいくつもそろえ研究員も今では50人以上もそろえていると。その研究員はもともと別の部署の社員の中から感性の豊かなメンバーを集めていったらしい。そんなに人件費や費用もかけて行う波動の測定とは?

 全ての物や存在には波動がある。目に見える物から目に見えない音や空気まで。その波動を数値化してくれる装置がある。最近ではオーラ測定器というのまで出てるらしい。人間の感じることの出来る5感では感じることの出来ない感覚、波動。わざわざ数値化するのもどうかと思うけど。でもまー数字として確実に出るものとしてやっと信頼を集め出してきている。その装置であらゆる物の波動を調べる。すると単に野菜を計るだけよりもおいしくなるようにちょうりされたものの方が数値が高くなったり、電子レンジなどで調理すると数値が低くなったりする。自分の体にも当然波動がある。体調がいい時はいい波動が出てる。逆に病気や体調が悪いときは悪い波動が出ている。それが食べ物や環境に左右されることは道理であり誰が考えても納得できることだと思う。

 めいらくでは商品のパッケージにも波動測定をしているらしい。スジャータでは中身であるミルクはもちろん、入れ物の容器も何色がいいのか、素材は何がいいのかを波動測定を参考にしている。そういった部分で体にいいものが愛されて売れているという部分につながってるんかもしれへん。

 何の宗教を信仰していようとも別にかまわないと思う。そこに愛があれば。でもその裏にお金儲けや支配というネガティブな感情があればいわゆる宗教の悪い部分が出てくる。人生を愛であふれた幸せなものにする。ちおう考え方である宗教の本質はすばらしいと思う。ただその裏側まで考慮して判断しなければならない。このスジャータのように人の体にいいものを作りたいという気持ちから波動を研究してものづくりに励んでいる人たちもいる。こういういい連鎖が多く出てくればもっともっといい世の中になると思う。売れるもの儲かるものだけを作る企業じゃなく。。。