ワクチンの本当の目的を考えて見る。
・人口削減
・全人類を対象とした大規模な市場のメディカルビジネス

この2つに尽きるんではないかと思う。

そもそも病気になるのは人間の免疫力がウィルスに負けてしまうからと言われてる。
本当に体の事を考えると免疫力を上げるが一番の効果的な方法だと思う。

日本人は特に何の疑いもなく病院に行って予防接種のワクチンを受けるが、
その内容物を調べている人がいる。

>>>
ワクチンの成分の紹介:これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか?
• ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス。
• 水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。
 その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがあります。
• アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。
• 猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の細胞。
• ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として知られています。
• ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。
• 豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。
 3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。
• グルタミン酸ナトリウム(MSG)。吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。
 代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことがわかっています。
• スクワレン(免疫補助剤)。不妊化作用が疑われ、男性は精子異常。女性は流産の危険性が増すと分かっている。
 ほとんど同じ成分がほ乳動物の不妊ワクチンの主成分となっている。
• ステルス・ウィルス(未知の癌ウィルス)。
 これらは動物細胞に感染したその動物のウィルスで、これが人間に感染すると発ガン作用が疑われている。
 例えば、ポリオワクチンに混入したSV40ウィルス。これは9800万人の米人に接種され、米人に癌の恐怖をもたらした。
• DNAやRNAの断片(感染したマイコプラズマや細菌由来のもの)。
 これらは動物細胞に感染したマイコプラズマや細菌由来のDNAやRNAの断片。これが人間の細胞内でどのように振る舞うかは全く未知である。
>>>
引用元:http://quasimoto.exblog.jp/14359297

この内容物は一般的なワクチンの内容物。
こんなにも有害なものが入っている。

もちろんインフルエンザなり天然痘なりのウィルスに対する免疫力を高めるものも入っている。

でもこの結果として大きくでたのが、子宮頸癌の副作用。
現在では全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会も結成され社会問題にもなっている。

そもそもワクチンが論理的におかしいという見方も出てきている。

ワクチンを接種するのは血液に直接接種する。
でも本来人間の免疫力の大部分は唾液や粘膜と言われてる。
ウィルスが体に入ってくる大部分は空気や飲食物からなためである。

なのにワクチンは基本注射。その理由は体内に交代が出来れば一緒だろう。
という何の根拠もない理由のみ。

もしくは確実に体内に入ってその有害物質を体に取り込ませるためとしか思えない。

もう一つが金儲け。
これには確実な確証はないが、そもそも流行している病気はワクチン会社が流行らしている。
という内容。
インフルエンザ各種、豚・鳥・新型・・・
エボラ、デング熱、サーズ・・・

そういう意味では、エイズも言われている。
人口削減のためのバイオテロである。しかもそのワクチンを自分たちが作っているのであるから
儲かって仕方がない。

しかも実際に副作用の被害で人生を大きく狂わせている被害が少なからず出ているにもかかわらず、
国家の政策として義務的にワクチン接種を行っている。

その費用は国策として国家が薬品メーカーに支払う。
税金から、年金から。
そのワクチンを作っている大元はビルゲイツと言われている。

ゲイツ財団として世界の貧困や飢餓を救うための博愛団体と世間的には出ているが、
実情はこちらの非人間的な行いをしていると言われている。

その背景が何にしろ、ウィルスが何にしろ、自分で摂取する薬は少しでも調べたほうがいい。
基本的には人間には自己治癒能力がある。それを高めるのが一番である!!