量子力学と人間のこころ

難しそうな言葉。イメージ通り相当難しい話。研究している人たちのおかげである程度は解明され、現代のさまざまな物の発展に大きく貢献した。

だが、まだ正体を掴みきれて無いというツワモノ。その理由は、量子力学は今までのような定理通り動いてくれない確率の話が軸になっているかららしい。

1069f7c4

はっきり言って理解不能と言えるぐらい難しい話。なので、簡単に説明してくれている

【誰でも分かる】「量子力学」ってなんなの? 詳しい人に聞いてきた【入門編】を、知りたい人は見て欲しい。

「素粒子」とは、分ける事の出来無い最小の単位という意味で、今までは「原子」が素粒子とされてきた。「原子」の研究が進むと、「原子」は「陽子」と「中性子」に分けられその周りを「電子」が回っていると分かった。

「陽子」や「中性子」単体では物を構成し無いので、物質としてはやはり「原子」が素粒子という事になる。つまり鉄を構成する最小の単位は鉄原子で、鉄陽子や鉄中性子は存在し無い。

これら「陽子」「中性子」「電子」などを「量子」と呼び(他にも量子はある)、現代科学では予測不可能な動きをするため、研究が思うように進まないのが現状。

この「量子」の研究が進むとどうなるか予想されるのは、いよいよSF映画の時代が本当にくると言われている。

レーザー、テレポート、宇宙旅行、ヒーリングポッド・・・

なぜそんな、フィクションの世界が実現するかという理由に量子の特徴の一つが挙げられる。

それが、可能性の重ね合わせ多世界解釈と言われている。

その有名な実験がシュレディンガーの猫。(実験に動物を使っていいのかという問題は、今回は置いておきます。)

量子は人間が観測するときと観測しない時に違う動きを見せる。じゃー観測していない時はどこにいてどんな状態にあるんだ?というのが量子最大の謎である。

形あるもの(マクロと呼ぶ)はいつ見てもそこにある。人間が観測していようがしていまいが。だが、究極に小さい量子(ミクロと呼ぶ)はそんな人間の気はつゆ知らず、どれだけ研究し考え抜いてもどこにいるか分からないとしか言えないのである。

そして研究者たちが出した答えは、

「マクロな物をすり抜けてしまうミクロな量子。観測していない時はBにいる可能性もあるし、Cにいる可能性もある。しかし、観測するとAにいる。つまりそれは、観測する者が決めているのだ!観測する者とは人間。つまり、人間の心や意識が量子の場所を決めているのだ!」

と、パソコンの父であるフォン・ノイマンは言い放った。

導き出された答えは一言で、「全てはその人が決めている」

あまりにも現代科学に染まりすぎていた現代の科学者に「量子」は難しすぎた。

量子力学にとりつかれたシュレディンガーはその矛盾に物理学者を辞めるほどに。

子供に説明すると「そうなんだ、分かった!!」と納得してくれるが、大人に言うと「そんな勝手な事があってたまるものか」と反発する。その差は、知識だったり常識だったりと人間が勝手に決めたものではないだろうか?

幽霊がいるかいないか。いる可能性はあるし、いない可能性もある。まさしく量子力学的な答え。宇宙人もそう、レイキもそう、魔法もそう、錬金術もそう。なんだってあるかもしれないし、ないかもしれない。

全てがパラレルワールドで同時に起きている可能性があり、否定する根拠が何一つ無い。

d062f368

いよいよ現代科学が一つ大きな山を越える時代が来たのかもしれない。

科学神話が崩れる。

医療神話、経済神話など、西暦2016年の現在、あらゆる常識や理論が一旦崩壊する時代が間もなくやってくる。

しかしそれはなんら驚くことでも、慌てることでもない。

今までの人間の歩みがそうだったから。

地動説で常識がくつがえった。交流式で電気が生まれ変わった。

時代が変わればまたそれが常識になり、また時代が変われば過去の遺物と化す。

それを拒絶するのもまた人間のこころである。

科学者でもなければ、物理学者でもないが、これだけは信じることができる。

「人間のこころが物事を決める。」

是非、量子力学の研究者には解明を進めてほしいし実用化に向けてあらゆることが現実になってほしい。

その反面、科学の暴走のような人間のこころが勝手に決め付けるエゴはこれ以上生み出さないでほしいとも思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です