ディーパック・チョプラ

久しぶりの投稿は久しぶりに心を揺さぶられた偉大な人物の紹介。

DVD_p1

 

ディーパック・チョプラ (Deepak Chopra)

インド出身の思想家・哲学者。元来は医者であり、内科医としての権威でもある。著書は75冊にも及び、影響を受けたとしている人物は、マイケルジャクソン、ゴルバチョフ元大統領、レディ・ガガ、ミランダ・カーなど大人物からの支持も多い。

医者嫌いのBESOが最近とことんハマっている人物。その主張とは?
この記事を読み終えると医者嫌いと言っていたBESOがどれだけちっぽけだったかと思い知らされることになる。。。

 

自分とは何者なのかを知る

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉の後半がそのまま当てはめられる。
何のために生まれ、どんな人生を送り、何を残して死にゆくのか。

自分が生きる人生を知るためにはまず、「自分」が何者なのかを知らなければいけない。

自分を知るためには自分の体や身の回りに起こる現象をしっかりと受け止めることから始まる。

それを物理学・量子力学という科学的な観点から説明してくれている。また一方で、古来からの東洋・西洋の哲学者の難解な精神的言葉を噛み砕いて説明してくれている。

そして、最終的な答えとして出しているのが「自分を知るために一番必要な学びは思い出すということだ」と述べている。

自分が誰で何をするために生まれてきたのかは他でもない自分が知っていると。それは誰から教えられるものでもなく、自分の記憶のさらにその先にある意識にアクセスすることでわかる。

努力することはその意識にアクセスするために思い出すことだけであると。

思い出すために効果的であり、必須でもあるのが、静寂の中に身を置く瞑想であるとしている。

 

幸せに生きる

数多くの人のカウンセリングや対話を重ね、たどり着いた一つのポイントは「人は皆幸せになるために生きている」という事。

しかし、一般に皆が思い描く幸せとは少しギャップがある。
本当の幸せとは「条件の無い」幸せでなければならないと。

金持ちになり、豪華な家に住む幸せ。これはお金が無いといけないという「条件」のある幸せ。

そうではなく、なんの「制限」もない幸せになるために人は生きているのだ。幸せになるための秘訣は自分自身が物事を考える意識が最も重要だとしている。

一見理想のように思える、家族みんなが健康に生きられるという幸せ。しかしこれも家族が健康でなければいけないという「条件」のある幸せ。

この「条件」というのもはエゴとも言い換えられる。家族に健康であってほしいというのは純粋な願いである一方、自然界の掟を無視している自分勝手でもある。

そういった「条件」や何かに頼る依存から解放され、感謝に溢れる愛のある幸せにたどり着くのが最終目的。つまりそれこそが無条件の幸せになる。

universe-1044107_960_720

第4意識レベルへの上昇

ほとんどの人は生活上3つの意識、
第1が「深い眠っている(時の)意識」、第2が「夢を見ている(時の)意識」、第3が「起きている(時の)意識」を繰り返している。

しかし、それらを超え第4の意識「超越意識」に目覚めると人生が驚くほど変わると言う。
エゴ、善悪や損得の概念、思考に囚われる、といった意識から超え、それを眺める観察者になることが大切である。

自分が何かをしているというのは何者かに「させられている」と感じられるようになる。その何者かとは正しく気付いていない第4の意識である自分である。

その「させられている」という感覚を観察者として暖かく見守る事が出来るようになると、全ての権限がある映画監督のような存在になる。

自分は役者でもあり、音響でもあり、照明でもあり、大道具でもあり、衣装担当でもある。そしてそれらをまとめ上げる監督が第4の超越意識であると。

第3までの意識で止まっているといつまで経っても、1つの役を演じている自分というものに気付かない。

宇宙意識とつながる

第4の意識「超越意識」にたどり着くと、エゴや損得概念をフラットに観測する事ができ、世の中が静寂であるという事を認識するようになる。

意識には続きがあり、第5の「宇宙意識」につながる。
自分が生まれてきた理由には、宇宙の創造が関係している。宇宙の創造のために肉体が与えられ、それを全うするために本来は生まれてきている。

その宇宙意識と繋がり、宇宙の創造と心身ともに一体化した時、壮大なパワーを持つ宇宙エネルギーが自分の背中を後押ししてくれる。

鏡の法則や引き寄せの法則はここに由来していて、これを言い方や表現を変えたものがいろいろある。
が、本質的には宇宙エネルギーの作用であると。

 

galaxy-10994_960_720

 

と、一旦ここで話を区切る。
まだまだ話は延々に続くほど奥は深く、先は長い。

何が言いたかったかというと、いよいよ西洋と東洋が融合し、人間が宇宙エネルギーと共に生きる世界が始まっているという事。

最近の流行をとってみても、ヨガ・SF映画・量子力学・量子医療・オーガニックなどなど、全て宇宙エネルギーとの関わりが強い。

アメリカではトランプが正式に大統領になり変化の始まりが起きる。

いつまでも善悪の概念の中にいると生き辛い世の中になってきている。大企業が悪で、メディアが悪。一方で、オーガニックが善で、平和が善。

という概念からも解放され、ただただ宇宙の創造のエネルギーに身を委ね、愛の暖かさに身を包まれる時代がきたのではないだろうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です