2017.05.27 BBFW1日目 〜岡山・鳥取編〜

久しぶりの旅記事。

内容の濃い巡りをぎっしり詰め込んだ今回の2日間。初心に帰って伝えていきます。では早速1日目から。

 

 

晴れの国 岡山の名の通り気持ちのいい晴れに恵まれ、集合場所に引き寄せられた面々。東は横浜から西は山口までそれぞれが一つの場所に集まった。順調な滑り出しで第1スポットへ。

 

𪮷〓𪮷𪮇神社奥宮(サムハラじんじゃおくのみや)

 

大阪の西区にあるサムハラ神社が元々あった跡地。メディアなどで取り上げられ専らパワースポット女子のメッカとなった大阪とは違い、あまり人も来ず厳格な空気を保っている。

お参りした戦時中の兵士や戦国時代の秀吉の兵士たちがことごとく無事帰還したという伝説が語り継がれている「守りの神さま」がいらっしゃるとの事。

逆にこの神さまを怒らせてしまった為に起きた悲劇、八つ墓村のモデルにもなった虐殺の事件が起きた場所でもある。それぐらいパワーの強い土地。

ちなみに、天下泰平ブログにも少し前の記事があったので興味のある方は是非。

邪気を祓い(はらい)自身を守ってくれるエネルギーが満ち溢れている。というのをBESOはまだまだはっきりとは感じられずわかりやすい言葉では伝えられない。。。

しかし、何も建物の無いかつて社が建てられていた跡地にて、しばし自分の負のエネルギーを取り去る為のグラウンディングをしていた時、最近悩まされていた頭のモヤモヤが不思議とスッキリした。

こればっかりは説明の仕様もなく、曇り空に強風が吹いて快晴に一転した。というような表現しかできない。

ちなみにここでの写真撮影はエネルギーも高い為、祝福のサインがよく出るらしくBESOも記念撮影。

 

 

残念ながら至って普通の記念撮影。笑
そういうセンスは皆無。という事が分かった旅でもあった。笑

 

ただ、自分の中心と地球の中心をつなぎ合わせしっかりと地に足をつけるグラウンディングをこの地でできた事に言葉にはできない意味を感じた。
意味や本質は頭でわかるものではなく心で感じる事なのだと改めて教わった気がした。どれだけ勉強をして頭に詰め込んでも、心で感じていなければ本質にはたどり着けないという意味にも聞こえた。もしくは実際に体を動かして体で感じなければならないと。

さらに、天からのエネルギー・太陽のエネルギーも受け丹田で天地のエネルギーをつなぎ合わせて珠(たま)にする。難しい工程。下手くそながらも出来たような気がする。それはこの地のエネルギーのおかけがかもしれない。

龍を象徴する筍が近くに生えていた。筍は別名 龍孫(りゅうそん)。ちょこっと詳しく解説してくれているページを見つけたのでこちらも紹介。

【アイウエオの秘密】「龍孫」

 

山間の木々が生い茂る生命力溢れる聖地にて、第1スポットを無事訪問。心と体は一つその両方でしっかりと本質を捉えるという事を教わっただけでも早速この旅の参加した意味を感じさせられた。一行はいい流れに乗り次の第二スポットへ。

 

不動院岩屋堂

 

鳥取県へとバスを走らせる。のどかな田舎の山間部の小さな村役場の駐車場に到着。愛嬌とおもてなしの気持ちを兼ね備えた看板娘たちがまさかのお出迎え。愛くるしい笑顔のお母さんたちが自分たちを待ち構えてくれていた。

国の重要文化財にも指定されている為、参拝するには自治体の市役所に連絡しなければいけない、という事で連絡してくれていたのだが思わぬ歓迎にメンバーもほっこり。

日本の3大投入堂の一つがこの不動院岩屋堂。投入堂とは大きな岩の中にどうやって作ったのだろうと思うほど立派な建物が建てられている仏堂のこと。残りの二つは大分県の龍岩寺奥院礼堂と同じ鳥取県三朝町の三徳山三仏寺投入堂。

不動院とは文字通り不動明王を祀って(まつって)いる建物。詳しい仏教の解説は別の機会にするとして、ありがたい仏堂という事。かつての日本人がわざわざ作りにくい岩の中にお堂を作ったという謎や神秘を感じずにはいられない場所。

修復・改修が重ねられ今の姿形になっている。それでも堂々とそびえるその姿は圧巻。背には炎を纏い(まとい)、右手に剣左手に綱を持っているとされる不動明王。剣で迷いや邪心を切り裂き、綱でそれらを縛って智慧を与えてくれる。さらに炎で邪を焼き払ってくれるという存在。

動物ではに例えられる、とも言われている不動明王。今回の旅はどうやら「龍」を巡るという道筋が設定されていた。

」とは?というテーマが今回の本題でもあった。

 

そこにたどり着くには「まだまだ修行が足りませんな〜」という声が聞こえてきそう。でも、それをあんな形こんな形で教えてくれる人たちに出会えたのも今回の旅の収穫の一つ。

 

自分自身のエネルギーを調整する「龍」を感じる。というテーマで走り出した1日目のツアーはその後、温泉に浸かり(電車で温泉に行くのがちょっとめんどくさかったBESOは欠席。笑)反省会という名の宴会を開き、無事幕を閉じる。

邪を払い強い力に守られているという事に感謝しながら眠りについた。

続きの2日目はこちら

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です