松本族(Matsumoto Zoku) の2rdアルバム販売開始

世界で活躍する松本族のCDを限定で販売することとなりました。

縁の不思議でつながった松本族のCDを特別にネットページで販売します。

「Matsumoto Zoku Ⅱ」 -Matsumoto Zoku-

  1.  Idol     3:41
  2.  Zombie Breath     3:09
  3.  Cockpit     3:52
  4.  Uni Lodge     3:52
  5.  Space Orca     6:24
  6.  Laputa     3:52
  7.  Corn     4:05
  8.  Memories     2:40 
  9.  Consciousness     3:46
  10.  Cow Vegetable     3:46

Zombie Breath

 

Space Orca

松本族

日本ではまだ馴染みがないかもしれない。それもそのはず、活躍の場は主に海外。オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカと世界をまたにかけてプレイする二人組。

松本族ホームページ

Koji Matsumoto、Reo Matsumoto、二人の「松本」が生み出す宇宙空間が音楽となってライブ会場を包み込む。幻想的な世界観と踊りだしたくなる躍動感が融合した音楽。

ディジュリデゥ、ハンドパンをメインにその他の楽器も巧みに奏でる。人間自体が楽器となるヒューマンビートボックスもそこに併せられ、比類なき音楽の幅を展開する。

日本では限られた期間や場所でしか活動しないため、まさしく日本で彼らのPlayを観ることは貴重な体験。CDもライブでの物販がメインの為、入手も限られている。

iTunesでも配信している為、ダウンロードは可能だが、アナログな「作品」としての価値は楽曲以上のものがあるのではないだろうか?

ジャケットを手掛けるのは、1st・2ndともにイタリアで活動中の彫師、Koji Ichimaru氏。日本人の特徴を捉え、国境を越えた感性で彼ら二人の顔を描く。

購入はBESO DA RHYMES Webショップにて

購入はこちらのリンクへ↓↓↓

BESO DA RHYMES Webショップ

 

松本族に関しては下記リンクからもご覧いただけます。

 

ちなみに・・・

松本族との出会いはReo Matsumoto。何を隠そうBESOが作家として誕生したのは彼の存在なしには無かったと言っても過言ではない。

2010年に出会い、それから7年ほど。当時と今、話す内容やお互いが歩んできた道。そして驚愕の共通点など今のBESOにとっても影響力の大きい存在。

そんなこんなを記事にすると物凄い記事になると分かっていながら、あえて書かない天の邪鬼(あまのじゃく)。笑

いずれ、またタイミングが来れば深堀して記事にしていきたいと思うので、お楽しみに。。。キーワードは33です。