ホーム

BESOの歩き方

「ヒトツの道を極められない人間が、イクツもの道を歩き続ける人生」

自分の本質と向き合い続けてきました。そして辿り着いた答えは、自分は職人のように何か一つの事を極める、という人間では無いと気付きました。

BESOが生きてきたこれまでの道で見つけた柱となるものを、大きなククリで3つに分けてご紹介していきます。

最近では流行のように「オーガニック」という言葉が毎日聞こえてきます。

BESOがオーガニックに出会ったのは2011年。奇しくも東日本大震災と共に放射線被害が叫ばれた年でした。

それから、オーガニックレストランでの経験、農家さん巡り、ベジタリアンの実践、などを経て、現在は「オルター」の普及に励んでいます。

詳細はこちらからもしくはタイトルをクリックしてご覧ください。

タロットとは未来を占うカード、という認識が日本では一般的だと思います。

もちろんその認識は大きく間違っていません。ですが、BESOが出会った「禅タロット」は少し違います

一般的に男性は占いに興味が無い人が多いと思います。BESO自身がそうでした。

ですが、この禅タロットに出会った時、衝撃が走りました。まさしく、これこそ自分が探し求めていたツールだ、と。

奥深さは禅の奥深さと比例します。手軽さはタロットのように数分から実践出来ます。

あくまでも「自分の心の鏡」という概念での話は是非ページにて。

カタカムナに関しては、正直他力本願です。笑

というのは、あまりにも難解なテーマだからです。一言で言うと、全ての真理を説明しうる可能性を秘めた古代文明です。

現在研究してくれている方々の発表を心待ちにし、それを少しでも多くの人に伝えるのがBESOの使命だと思い、記事にしています。

現代の様々な問題の具体的な解決につながる様々なヒントが隠されています。

2人に1人がガンになると言われている時代。ガンの治療の現場でも活躍しています。

科学が直面している最大にして最難のテーマ、量子力学。その研究のヒントにもなり得ています。

そもそも、日本に1万年以上前にあった文明でそれが現代に再発見された分明です。

その奥深さはややもすると、禅をも包み込むかもしれません。それを、現在研究している人たちの発表を心待ちにしながら独自でも解読しています。