Masaru Kiyota

歩き、歩き、歩く、獅子座のA型

「歩く」という皆がする動作に焦点を当てる。足の不自由な人にももちろん意味のあるテーマ。

先天的に、もしくは事故や病気で歩けなくなった方にとってはもっと大きなテーマかもしれない。

都会に住む現代人にとっては1km歩くと聞いただけでも遠く感じる。

そんな時代に、3500kmを「歩いた」話を聞こう。義務でも仕事でもなく、歩きたいから、歩いた話を。


3500kmの道のり

日本の本州、山口の西南端から青森の北端で約1356km、海を渡った日本の領土の南鳥島から与那国島でも3142k
m。

つまり日本を歩き渡る距離より長い距離を歩いた。それはアメリカの超ロングトレイル。アメリカの南端から北端へと歩いて渡る旅。

基本的には山の中を歩く。つまり高低差はもちろんの事、川や岩
いう障壁もある。天候は雨や嵐、雪も降り、ジムのランニングマシーンのように安定してるわけではない。

約3ヶ月半をかけて歩いた彼が見た景色は?道のりは?心境は?

歩いた末に感じることや見えたものが何かは言葉には出来ないものかもしれない。

そんな話を聞かせてくれるのが今回紹介するトークイベント。

「109日間僕は夢の中を歩いていた」
日 付:11月4日 (日)
時 間:18:00open 18:30start ~ 20:00
場 所:H.M.T. CAFE DAINING
大阪市中央区伏見町3-2-12 春海ビル1F
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27102951/
入場料:1000円(1ドリンク)※高校生以下無料
※当日フォトブックの販売もさせていただきます。

World Gift

実は今回の3500kmが初めてでは無い。世界一周をバックパッカーで周り、4300kmの別のアメリカのロングトレイルも歩いている。

その都度、旅の軌跡をフォトブックにしている。壮大な景色、湧き上がる感情、出会った人の暖かさ、送り出してくれ、また帰りを楽しみに待ってくれている人達の優しさ、心配する人達の憂い。そんな様々が1冊にまとまったエッセイ。

書店では販売せず縁のある人に届いて欲しいという願いと共に、基本的に手渡しで人から人へ渡って行く。

愚直なまでのまっすぐさがあるからこそ「歩ける」のかもしれない。

その本の販売も兼ねて開催される。

詳細や旅の片鱗はこちらのページから

World Gift

2017 BESO塾 開校

2016年も残すところあと少し。
今年の総括はまた改めて記事にあげます。

2017年は「THE COIN」に出てきたアノニマス塾のような
BESO塾を開校します。

「歴史とスピリチュアル」というテーマで大人はもちろん
子供も一緒に楽しめる単純な内容を予定しています。

簡単にBESO塾の内容をご紹介します。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

なぜ歴史が大切なのか?

生きている「今」、過ぎ去った「過去」、これから起きる「未来」。
この3つを結ぶ見えない線が歴史を見ることで、
「過去」が見え、「今」を感じ、「未来」の道しるべとなる。

何を信じればいいか、何が大切か、
自分で吟味する基準になってくれる歴史。

学校で教えてくれる歴史とは
ひと味ふた味違う内容。
「今」を感じる、「未来」へ進むための歴史がここにはあります。

スピリチュアルとの交わり

スピリチュアルとは、あなたがどう感じるか、あなたが何を求めているか、
という本質の話。もしくは魂の話。

それを自分に落とし込むことで、自分の生きてきた歴史と
これからの未来がより一本の線で結ばれているのに気付く。

自然とも密接に交わりながら
歴史と人間を作り上げてきたもう一つの世界。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

こういった内容で2017年1月から全6回のBESO塾を開講します。
基本的にはこのブログで伝えてきた内容がメインになります。
各回のテーマと概要をまとめたので
興味の湧いたテーマがあれば是非お越しください。

  • 第一回
    1部「神話と現代」
    2部「神とパワースポット」
  • 第二回
    1部「お金の歴史」
    2部「富とエネルギー」
  • 第三回
    1部「食べ物の歴史」
    2部「不食と涅槃」
  • 第四回
    1部「医療の歴史」
    2部「陰陽調和」
  • 第五回
    1部「戦争の歴史」
    2部「天使と悪魔」
  • 第六回
    1部「これからの日本と地球」
    2部「統合の時代」

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

第一回

2017/1/29(日)
10/00〜12:00

1部「神話と現代」
2部「神とパワースポット」

1「神話と現代」

第1回は歴史の始まり神話時代から。
現代の日本では神話は学校ではほとんど取り上げられない。

もちろん本当の史実かどうか、という議論は絶えないが。
しかし、そこから学ぶ事はあまりにも大きい。


天皇の起源であり、全国各地の神社の由来にもなっている。
そこに仏教が入りお寺ができて・・・と、今の様々な出来事を紐解くのに、
神話を聞いた事があると無いとで大きな差が出てくる。

A「神とパワースポット」

人間の理解を超える出来事や存在。
それらが神や神の仕業と言われる。
古来では、それを人々は畏(おそ)れ、敬うようになった。
神を祀(まつ)り、平和に生きていけるようにそれぞれの形で祈る。
神社、お寺、教会、修道院。形は違えど趣旨は似たようなもの。

何気無く行ったことのある神社やお寺。
最近ではパワースポットとして注目され始めている。
そのパワーは人間にどういう作用をするのか。

第2回

2017/2/26(日) 予定
10:00〜12:00

1部「お金の歴史」
2部「富とエネルギー」

 

第三回以降はそれぞれ3月4月5月6月開催予定です。
決まり次第公開させていただきます。

 

受講費は一回(二部構成)5,000円
大学生は2,000円
高校生は1,000円
中学生以下無料(保護者同伴)

場所は大阪・天満橋 MayuNaiL

 

お問い合わせ、お申し込みはBESOまで

beso@beso-da-rhymes.com