Sense 8

Netflix オリジナルドラマ sense8

 

映画・ドラマ配信会社 Netflix。月額700円ほどで多数の映画・ドラマが見放題。日本ではまだあまり注目されていないNetdlixオリジナルドラマ sense8 について。
(まだ見ていない人は、この記事を見てから観ることをお勧めします。ネタバレ含)

製作の指揮を取るのは ラナ&リリー・ウォシャウスキー。「マトリックス」シリーズ、「V for Vendetta」、「クラウドアトラス」などの作品が有名。なぜドラマ嫌いなBESOが見ようと思ったかというと、この作品達が好きだからどんなドラマなのだろうと興味津々で、特にお勧めされたわけでもなく見てみた。

大まかなストーリーは、同じ瞬間に世界各地で生まれた8人が場所も時間も超えて繋がっていくという話。男女8人はそれぞれ人種・国籍・性格も様々。ある事件をきっかけにその8人が突然別の8人の実生活に幽霊のように現れ始める。
しかし、幽霊ではなく違う場所で生きている人物で、その8人だけが特別に繋がっているのだと気付き始める。

そして意識さえすれば自由に8人の元に魂と分身を向かわせることができ、さらに相手の体を自分の思い通りに動かせるようになっていく。それぞれの人生の問題を互いの得意分野や能力で助け合いながら、また8人が抱えた運命の問題に立ち向かっていく、というストーリー。

ズバリ、感想は予想通りおもしろい。
ウォシャウスキーの感性や作品が好きなら問題なくおもしろい。

が、その反面気をつけなければならない事も多いと思った。

 




最大級のプロバガンダドラマ

今更の話だが、映画・ドラマはほぼプロバガンダ。
簡単にいうと見る人を洗脳する為の映像。

このドラマももちろん例外ではない。
ポイントは大きく3つ。

  • LGBT
  • ネット管理
  • 悪魔崇拝

LGBT

LGBTとは、レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェダーの略。なぜこのドラマのテーマの一つがこれかと言うと、ウォシャウスキー達がそうだから。最初に有名になった「マトリックス」の製作時はウォシャウスキー兄弟(ブラザーズ)というクレジットで公開された。そして今やウォシャウスキー姉妹(シスターズ)として二人とも女性性に性転換した。

BESO個人の見解としては、特に問題もなく自分の生きたいように生きればいいと思うので問題は無いと思っている。実際このドラマではその描写が1/3ほどあり、苦手な人にはすぐに観るのをやめたくなるくらいだと思う。

怖いもの見たさというのか、実際にそういった人たちがどういう感覚で生きているのかを映像を通して観る分にはおもしろいと思う。が、その裏には全人類にLGBTを刷り込もうとしているのだなと感じた。

エリート層にとっての大きな課題、人口削減。人を殺して数を減らすのも一つだが、人が新たに生まれないようにする事も画策している。LGBTからは理論的には子供は生まれない。つまり次の人類に繋がっていかない。これは本人の気持ちを尊重する・しない、の観点ではなく生物としての観点。

そして、このドラマを見て勇気をもらったLGBTの人は多くいるはずである。最近の日本のテレビも振り返ってほしい。今までならタブーとされてきたおねぇ達が大活躍。日本のテレビほど分かりやすいものは無い。エリートが推したいものを推す。つまり、エリートの今推しメンなのがおねぇ。

そのドラマという時点でかなり裏側はきなくさい。

 

ネット管理

8人のうちの一人に、男子から女性に性転換したハッカーがいる。ハッキングによって様々な問題を乗り越えて、仲間や自分を救う。これをずっと見ていると、「ネット犯罪も仲間や自分を守る為なら正解だ」と言わんばかりに。

この言い分は、ずばりザ・アメリカンな言い分。

「戦争も自分の国と民を守る為なら正解なのだ」と言ったブッシュと同じ要領。もちろんドラマ内では、相手となる政府や巨大組織が先に自分たちを無秩序に追い込んできている為、そこから逃れる為にするのだが、あまりにもその前提がおかしい。

政府がネット管理・情報操作しているのは国民がどれくらい理解しているかはわからない。が、問題は、そこにどう立ち向かうかだと思う。目に見えない暴力とでも言えるようなもの。それに同じ、目に見えない暴力で返すという事は結局対立から一生抜け出せない。

ただ、一言にそれだけではない要素もこのドラマにはあるのも面白い点。シーズン2まで配信が終わった現段階では、この主人公達のテレパシーの能力をどう使うかが見ものになっている。まさしくウォシャウスキーが言いたい部分ではあると思う。そこが気になるからやめられず見ているのもある。

悪魔崇拝

例によってオカルト話。
エリートと悪魔崇拝。
そんなものあるわけないのかもしれない。が、やっぱり裏でつながっているなと思ったのがクリスマススペシャル。

 

シーズン1と2の間に2時間の特別バージョンクリスマススペシャルがあった。陰謀論者のなかでは クリスマス=悪魔崇拝 と言っても過言ではない。これが真実なのかどうかは別として、かなり臭うのは確かである。

悪魔崇拝の人たちやエリート達が人々にしてもらいたいものにドラッグもある。このドラッグもこのドラマのテーマの一つ。ドラッグが自分たちを守る手段の一つになっている。ドラッグが出てきてクリスマスが出てきてLGBTが出てきて・・・

陰謀論者がこのドラマを見て素直にいい作品だとは決して言わない要素が多すぎる。

日本人が好きじゃない理由

日本人の多くは多分このドラマが好きじゃないと思う。LGBT、時・場所を超えたつながり、ドラッグ、ネット犯罪・・・。どれもリアルに感じられないからなのだと思う。

時・場所を超えたつながりは科学的にも今やかなりのところまで迫っている。また別で書きたいと思うが「CERN」の研究は危険極まりないレベルとまで言われている。

ちょっと前の映画 スノーデン が日本中で話題にならなかったのも気になる。まさしくスノーデン本人は「日本が一番危ない」と心配してくれているポイントだと思う。ネット犯罪・管理・操作を身近に感じなさすぎている。ラインやfacebookのアカウントを乗っ取られた、ということがどういう意味なのかを。それが国家レベルで常にあるという意味がわからないかもしれない。
(ちなみにBESOも最近yahooメールがおかしい。ご迷惑おかけしている人、申し訳ありません。)

そんなドラマより、「昼顔」の方がリアリティがあり楽しい。それは好みや感覚もあるからいい悪いではない。ただ、 sense8 がどういうドラマで、何が映し出されているかをちょっとは知っておいた方がいいんじゃないかなと思った。

とやかく言いつつも

あれだこれだと長々と書いたが、結局はそういったプロバガンダだとしても、おもしろいから見てほし。最大の魅力は次世代の人間というカテゴリー。いつでも進化には痛みがつきもの。今のものに慣れている人は新しいものが出ると実態がわからず拒否反応から入ってしまう。そういった固定概念を外そうよ、というドラマでもある。

全てが全てプロバガンダで見る人を洗脳するから見るな、ということではなく、そうと知った上で娯楽として楽しんでほしい。また、科学の進歩、宗教の腐敗、政治の歪み、など実社会の問題点や現状を比較的ありありと描いている部分も尊重したい。

そういった意味で、解説書として適切かはわからないが書きたかったこの記事。こういった前情報を頭に入れながらドラマや映画を見るとさらに一層面白くなる。




タイムループ

時間という概念。
これにフォーカスした作品が映画、漫画、小説など多くなってきている。
人類の大きなテーマの一つ。
時間とは何なのかを考えている人の話をみてみようと思う。

 

進撃の巨人とまどかマギカ

わかりやすい漫画を二つ見てみる。

「進撃の巨人」
は個人的に読まず嫌いだった。

絵のタッチが苦手。
どうせまた、人気を集める為だけの中身の薄い・・・。

と思っていた。
が、いよいよ物語の大筋が明らかになってきた段階で相当奥深い作品だと周知の傑作になりつつある。

 

魔法少女まどかマギカ
も個人的に少女漫画だと決めつけ見向きもしなかった。
友人に激しく勧められ、(アニメのみの作品)見るやいなや奥深さに引き込まれた。
共通して出てくるポイントに、「タイムループ」がある。

「進撃」では、自分のものでは無い記憶が自分に流れ込んできたり、年齢に相応した経験とは思え無い発言が多くある。

 

「まどか」では、主人公であるまどかを悲劇から救う為に友人が無限のタイムループの中で悲劇から救い出そうとする。失敗しても、また始まりの時間に戻り自分以外の人にその記憶は残っておらず自分だけがタイムループの中に存在する。

 

両作者は「タイムループ」や「共通の記憶」において何を伝えたいのか?
それは「時間の概念」の正体と「集合的無意識」ではないかと感じる。
あくまでも個人的意見なので根拠は無い。

 

Composition of clock hands and technological elements as a concept metaphor for time sensitive technological process

時間の概念

時間の研究において名を残したのはアインシュタイン。
光の研究をしていたアインシュタインは、光の速度を超えるとタイムスリップが可能になると説を唱えた。
と、同時に地球上に存在するものの中で最速のものは光である。
とも唱えた。

つまり、地球上で光以上に早い存在を見つけ、使いこなせればタイムスリップが可能になると言っている。

科学的にどういう理論なのかは専門家に聞かなければ理解できないが、これをSF映画として見事に描いた人気作品が「BACK TO THE FUTURE」。
雷のエネルギーから光を超える速さを生み出し、時を超える。

時間とは何なのか?
それは、「その重力やその他の様々な環境によって変わる人間が過ぎていると感じる感覚」であると思う。

楽しい時間は早く過ぎ、辛い時間は長くなる。
同じもの(時間)が違うように感じる。
その根本は人間が勝手に決めているものだからであると。
人間が過ぎていると感じるからその人間ごとに違うのは当然の話。

というわけである。

ここから相当無理矢理飛躍させた考え方が、

「人間が思った通りに時間は過ぎる」

という考え方。
しかし、アインシュタインの頃より100年弱が進んだ今、あながち無理やりではなくなってきている。

その元になるのが量子力学。

これは何度か記事に書いているのでそちらをぜひ。

2つの漫画のメッセージ

もちろん作者本人のコメントでないと確かなことはわからない。
が、すくなくともメッセージは読者が受け取り、それぞれに解釈するもの。

2つの作品から感じるものは時間という概念、未来や過去の捉え方を自分なりに吟味してほしい。

ということではないかと、感じる。
読んでいない人にとっては何を言っているのかわからないかもしれない。
これを機に、見てほしい気持ちもあるが、見ないとしても考えてほしいことは、

「過去も未来も『今』が作る」

もしくは

「過去も未来もなく『今』しかない」

 

詳しい感覚はまたにするとして、このテーマを胸に刻まなければならないと思う。
これから社会は大きく変わると思う。その変わる時代の節目をどう生きるか、何を選択するか。その今によってこれららも、そして今までにも大きく影響する。

まさしく、時間がどう過ぎるかは自分次第。
という話が無理やりな話ではなくなっていく。

 

 

地球の意識

と、ここまで話を見ると、そんな確率だけの世界に全世界中の人が同じものを同じように見ている事はあり得ない確率である。となってしまう。そこに隠れているのが、あまりにも大きすぎて見過ごしてしまっている何者かの意識だと思う。

 

全ての物事は意識によって決まっていると、量子力学電子雲の記事で出てきた。

 

人間にしか意識が無いと思うのは大間違いである。大前提として、まず地球の意識があって、その上に人間が生きているという考え方をすれば、全てのつじつまが合うので無いかと推測する。

 

おそらく地球は常に、意識的に無意識の状態なのではないかと思う。もしくは、ずっと起きていて、眠るといつもと違う動き(地震・火山・津波のような大規模な自然災害)をするのかもしれない。

この地球の意識が働いているから量子は形を決めて100人が見れば100人がここに「りんご」があると決めているのかもしれない。

 

その地球の意識と同調する事が出来た時に、今までこうだと思っていた事を自分が決める事にできるようになるのかもしれない。

 

地球の意識と似た言葉にシューマン共振という概念がある。→脳波とシューマン共振

d6ba0036

地球が発している周波数を調べたシューマンによって名付けられたシューマン共振。これが生まれたのも地球に意識によって地球上の全てが決まっている、という発想に近いものがあったのかもしれない。

 

あまりにも抽象的な存在の意識。意識という言葉をめぐっては古代から人間の様々な出来事が起きている。そもそもの神話時代から、現代の科学的な研究まで。

 

物理学的には4つの力で地球上の全ての事象の説明ができると言われている。

重力のグラビトン、

電磁力のフォトン、

弱い力のウィークボソン、

強い力(色力)のグルーオン、

これら4つはまだ発見されていない量子も含むが、定説上存在すると考えられている。

(「電子」は弱い力ウィークボソンの内の一つと言われている)

それらの力の働き方を全て決めているのは「意識」という概念なのかもしれない。

 

難しすぎて人間には理解できないのかもしれない。が、命ある意識体としてそれを感じる事は少なからず出来そうな気がしてきた。

電子雲(確率雲)と波動

原爆、原子力発電、反分子、CERN、HAARP、などエネルギーについて躍進的な研究成果が得られた。反面、それに伴う脅威も爆発的に増えた。

原子力が進むにつれ見えてきた「量子」。その量子を研究した量子力学の話はこちら

 

 

 

 

7cd0f8765a2c5ce2085b387da877f9af

 

<写真引用、https://www.osaka-c.ed.jp/blog/toyonaka/toyo1/2012/08/26-016009.html>

 

この写真のように、今まで(左)は電子が原子核の周りを規則正く廻って一つの原子を構成していると考えられてきた。

でも量子力学と言われる考え方によって、上の図の右側の考え方が生まれてきた。

タイトルにもある通り、原子核のまわりを飛んでる電子は、雲みたいに一箇所におらず(超速で動き続けているが、実体は1つ)どこにいるか分からない。しかも規則性はなく、どこにいるかは全て確率でしかないと。「りんご」のまわりを飛ぶハエのようなイメージ。そこにハエがいるのは分かっているがどこにいるかはその時にならなければ分からない。

そのような考え方で存在するものが人間界にほぼ無いと言ってもいいので、人間には理解しにくい。

 

fb42dbbec744dbf9349c97bbd59b15cae6bc374e

ではその目の前ハエが飛んでいる「りんご」。これが、今ここにあるのは、「りんご」を形成している原子がくっついて分子になって、りんご分子(あえて分かり易く勝手に名付けた)がいっぱい集まって、今目の前にある。というのが今までの科学の理論。

しかし、この量子力学的にいうと、たまたまここに「りんご」がある。なぜなら、その構成している原子の電子は確率によって場所を決めるからである。「そこにりんご」があると人間が決めているという結論に至ってしまう。

 

???

 

ただ、その確率は天気予報よりも当たる。原子核・電子は電気的つながりをしてるため、離れすぎる事はあまりない。が、100パーセント無いわけではない。原子核がここにあっても電子は宇宙の彼方にあっても理論上おかしくない。という事を言ってしまうのが量子力学。

 

観測する、つまり人間が見るとそこに「りんご」はある。しかし、「りんご」から目をそらすとそこに「りんご」があるかないかは確率の話であるかもしれないしないかもしれない状態だと言う。

 

ひとつ、これでBESOなりの仮定を立てた。

 

「これこそが波動やオーラの正体ではないか?」

 

目には決して見えない量子。量子は観測するとどこにいるか分かる。というか決められる。観測するとはつまり人間が意識するという事。つまり何者かの意識が働くと量子は姿を決める。

 

では人間が無意識になるとどうなるか?一旦量子を離れて考える。

 

普段生活している時、人間はもちろん意識的に動いている。歩く、食べる、しゃべる、文字を書く・・・、そして1日の終わりに眠る。眠ると無意識になる。夢を見るかどうかは寝るまで分からず、見たとしても何を見るかは見るまで分からない。

 

一気に量子の考え方に近づいてきた。さらにこのブログでも取り上げてきた、脳波。普段生活している時はベータ波が多く、リラックスするとアルファ波が出る。寝るか寝ないかの時はシータ波になり、熟睡するとデルタ波に変わり完全に無意識になる。さらに超能力を生み出すガンマ波もある。

察しのいい皆様はお気づきだろう。人間が意識してるベータ・アルファ波が脳で出ている状態では量子はいつも通りの動きをする。しかし、シータ・デルタ・ガンマ波が出ている間は人間の予想を超えた動きをしている。

 

修行僧たちが目指す究極の状態、無我の境地・悟り・涅槃。この状態に生きながらに、たどり着けばこれらが見えて来る。無意識の状態でいながら意識的に動く。死にながら生きる。こういった状況になれば、量子力学で言う、観測していない時の量子の存在を意識的に見る事ができる。

 

オーラや気は誰でも出ていると言われる。無意識に。これを意識的に操作しようとするレイキや気功。そこには矛盾が生じ、量子はいつも通りの動きをしてしまう。

 

しかし、訓練し修行することによって意識的に無意識に操作する方法を会得する。

 

この状態や方法を量子力学者とヒーラー達が一緒に取り組めば、世紀の大発見が生まれるのではないかと期待する。