2018 BBFW 関東 2日目

2日目は今回のメインイベントでもある三峰神社と榛名神社。1日目に回った各神社も含めそれぞれにそれぞれの意味がある。

まずは群馬県の榛名神社から。

榛名神社

なんと言っても特徴的なのが、神仏習合の様子が至る所に見られるポイント。
そして、神仏分離の政策も受けながら現在の姿を保っているのもまた面白い。

神社の結界の入り口である鳥居をくぐると、そこに待ち受ける仏教の仁王門。始まりから楽しませてくれる。

「みそぎばし」

標高800m程の参道はこの橋から始まる。神事の前には必ず「みそぎ」をする。橋を通る事でみそぎをするという神道由来の橋から参道へ。

神仏習合の象徴・七福神が本殿までの道中を見守ってくれる。いつしか始まった、「七福神を全て写真を撮るとご利益がある」という迷信が生まれるほどの存在感。

そんな遊びを楽しみながら歩く山道は気分が晴れる。

次々と現れる岩々

神社と岩は切っても切り離せない関係。磐船(いわふね)、磐座(いわくら)などとも言われ、その昔神様が乗っていたり、その後宿されたり。

山という事で岩があるのも不思議では無いししても、あまりの大きさに驚かされる。BESOもいろいろな山の神社を巡ったがここまで大きな岩が沢山あるのは珍しい。

古代の文献にも岩を祀って神事をしていたという記述が多くあり、いかに昔からこの榛名神社が深く人々の神事に関係していかも思い起こされる。

本殿の奥には巨岩がそびえ立ち、上の方には

三峯神社

今回のメインイベント。
日本に神社は数多くあれど、三鳥居の神社はおそらくここだけではないだろうか?

そんな珍しいここではなんと、「狼」を連れて帰れるというスペシャルな神社。
と言ってももちろん本物の狼ではなく、「護り神」としてお守りのような形で持って帰れるというもの。

日本のおもしろい文化に触れた瞬間。

八百万の神々とはよく言ったもので、多くの神々がいる。

火の神、水の神、太陽の神、月の神。

特に神を強く信仰してる訳では無いけれど、いろいろな神に触れるという面白さ。

「狼の護り神」伝説が残る埼玉県秩父市にある三峰神社。

時代は大和武尊(ヤマトタケル)の東征に遡る。

※ヤマトタケルのエピソードはこちらに・・・https://beso-da-rhymes.com/?p=383

大和武尊の道案内を務め、害獣達から身を守った狼を護り神と見立てて祀られるようになった。それが三峯神社。

古事記に由来する神話ではあるが、動物達と身近に暮らしていた時代を思い返すいい機会。と山中の自然溢れる空気感を味わう。

と言っても、タダで連れて帰れる訳ではなく、しっかりご祈祷料は取られる笑

その分、神官の方が二人もじっくりと祝詞をあげてくれて頂いた木箱入りの護符。

こんなエピソードは後付けで言えるが、旅を終えて帰って来ると駅でアクシデント。1週間ほど出ていたのもあり、自転車が無い。撤去された、と諦めた。

その時、ふと斜め前の見知らぬ人の家の前に自分の自転車が!!!

有難い。と思ったのもつかの間、その横には置物の番犬が自転車を見守ってくれていた(狼は山犬とも言われている)。取って付けたようなエピソードだが実際に起きた嘘みたいなどうでもいい話。

でも、こういう一つ一つにほっこり出来る自分の人生がさらに好きになった今回のフィールドワーク。

次回はお礼参りの 玉置・天川。

大阪人としてはお隣の県にご挨拶。

10月も盛りだくさんのイベントの中楽しみが尽きない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + ten =