悪と善

悪と善。

悪魔と天使。

地獄と天国。

前回の陰と陽陰と陽からの続き。

何を持って悪と言い、善と言うのか。もちろんいろんな人の立場や見方、もしくは一般に共通した見方から言える概念。

でも今回一番言いたいのは何が悪と善を生み出したのか?

全ての物事は陰と陽のバランスで成り立っているという話からすると、全ての物事は悪と善のバランスで成り立っているという事になるかもしれない。

しかし、そうではない。悪人がいるから善人がいる。悪い事が起きるから良い事が起きる。というのでは、戦争が起きるから幸せがある。という話になってしまう。

悪と善について深く考えた一人の人物がいた。

『その人物は哲学者と言われていたが、捉えにくい抽象的な事柄に付いて言葉で論理を展開する人ではなかった。彼は当時のキリスト教義をあの世的な教義だと批判し、この世における真理、善、道徳こそ大切だと強く訴えた。つまり今生きている人のための哲学を打ち出した。

ニヒリズムを批判するこの哲学者。ニヒルとは日本語で言う虚無つまり何も無いという意味でニヒリズムは虚無主義と日本語では訳される。絶対価値や真理など無いというのがニヒリズムであり彼はこれを否定していた。そして生きる人々は自分の人生に何か価値や真理を追い求める生き物だと言った。

それが21世紀の現代では金銭と利潤である。そして彼の生きた19世紀までの西欧での絶対価値と真理はキリスト教道徳であった。しかし、彼はキリスト教道徳はありもしない価値を信じ込ませたり、神やあの世といったあいまいなものを通じて道徳を押し求める宗教であると解釈した。そして彼は現代のこの金銭と利潤の追求もニヒリズムから逃げる為の新しいニヒリズムだと批判していた。

つまり彼が言いたかったのは人に押し付けられた道徳や、周りとの幸せを比べるために自分の価値を追求したりするのではなく、自分の生きている世の中で人間としての道徳をみつけていく事が大切だという事である。』

  引用:超訳 ニーチェの言葉  フリードリヒ・ニーチェ 書 白鳥春彦 訳

とかの有名な「ニーチェ」は語っている。

これが彼の根本的な考え方である彼は、悪と善がこのキリスト教の布教とともに大きく変わったと言っている。

そもそも、上流階級の貴族や王族が下々の下層者や奴隷に対して持つ嫌悪感が悪という概念の始まりとされていた。逆に善は生まれた身分や権力的な力を肯定する言葉として使われていた。

しかし、キリスト教の布教により他の人達への行いである「利他的な行い」が善であるとし、「利己的な行い」を悪とした。キリスト教を広めようとしたユダヤ人は当時のローマ人にルサンチマンを抱いていた。ルサンチマンとはフランス語で、力の無い者が有る者に対して持つ恨み妬みや憤りの事である。

支配者層であるローマ人の自分の好き勝手を肯定的に生きるローマ人を悪とし、支配されながらも健気に無欲に生きるユダヤ人を善としたのだ。そして強い者は悪く、弱い私は善いとした歪んだ道徳観念を展開して行った。これこそがニーチェの批判する欲望を否定し自分の生を楽しまない事を善しとするキリスト教義的道徳だった。

つまり、今世間で言われてる悪と善についての多くは当時の虐げられていたユダヤ人が持ってた歪んだ道徳心をキリスト教が広まる事によって広まった考え方であるとニーチェは考えた。

悪い事・善い事なんて言うのはその立場や考え方でガラッと変わる。だからそれを決めつける事はしない方がいいのである。夜が悪いのでもなく贅沢が悪いのでも無いように、全ては悪と善なんかには縛られない。ただ、そこにあるのは裏と表だけが存在し、陰と陽がバランスを取ってるだけなんじゃないだろうか。。。

ワクチン

ワクチンの本当の目的を考えて見る。
・人口削減
・全人類を対象とした大規模な市場のメディカルビジネス

この2つに尽きるんではないかと思う。

そもそも病気になるのは人間の免疫力がウィルスに負けてしまうからと言われてる。
本当に体の事を考えると免疫力を上げるが一番の効果的な方法だと思う。

日本人は特に何の疑いもなく病院に行って予防接種のワクチンを受けるが、
その内容物を調べている人がいる。

>>>
ワクチンの成分の紹介:これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか?
• ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス。
• 水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。
 その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがあります。
• アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。
• 猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の細胞。
• ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として知られています。
• ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。
• 豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。
 3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。
• グルタミン酸ナトリウム(MSG)。吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。
 代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことがわかっています。
• スクワレン(免疫補助剤)。不妊化作用が疑われ、男性は精子異常。女性は流産の危険性が増すと分かっている。
 ほとんど同じ成分がほ乳動物の不妊ワクチンの主成分となっている。
• ステルス・ウィルス(未知の癌ウィルス)。
 これらは動物細胞に感染したその動物のウィルスで、これが人間に感染すると発ガン作用が疑われている。
 例えば、ポリオワクチンに混入したSV40ウィルス。これは9800万人の米人に接種され、米人に癌の恐怖をもたらした。
• DNAやRNAの断片(感染したマイコプラズマや細菌由来のもの)。
 これらは動物細胞に感染したマイコプラズマや細菌由来のDNAやRNAの断片。これが人間の細胞内でどのように振る舞うかは全く未知である。
>>>
引用元:http://quasimoto.exblog.jp/14359297

この内容物は一般的なワクチンの内容物。
こんなにも有害なものが入っている。

もちろんインフルエンザなり天然痘なりのウィルスに対する免疫力を高めるものも入っている。

でもこの結果として大きくでたのが、子宮頸癌の副作用。
現在では全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会も結成され社会問題にもなっている。

そもそもワクチンが論理的におかしいという見方も出てきている。

ワクチンを接種するのは血液に直接接種する。
でも本来人間の免疫力の大部分は唾液や粘膜と言われてる。
ウィルスが体に入ってくる大部分は空気や飲食物からなためである。

なのにワクチンは基本注射。その理由は体内に交代が出来れば一緒だろう。
という何の根拠もない理由のみ。

もしくは確実に体内に入ってその有害物質を体に取り込ませるためとしか思えない。

もう一つが金儲け。
これには確実な確証はないが、そもそも流行している病気はワクチン会社が流行らしている。
という内容。
インフルエンザ各種、豚・鳥・新型・・・
エボラ、デング熱、サーズ・・・

そういう意味では、エイズも言われている。
人口削減のためのバイオテロである。しかもそのワクチンを自分たちが作っているのであるから
儲かって仕方がない。

しかも実際に副作用の被害で人生を大きく狂わせている被害が少なからず出ているにもかかわらず、
国家の政策として義務的にワクチン接種を行っている。

その費用は国策として国家が薬品メーカーに支払う。
税金から、年金から。
そのワクチンを作っている大元はビルゲイツと言われている。

ゲイツ財団として世界の貧困や飢餓を救うための博愛団体と世間的には出ているが、
実情はこちらの非人間的な行いをしていると言われている。

その背景が何にしろ、ウィルスが何にしろ、自分で摂取する薬は少しでも調べたほうがいい。
基本的には人間には自己治癒能力がある。それを高めるのが一番である!!